アーユルヴェーダで治療可能な病気・疾患

美味しい発見 - 身体に美味しくヘルシーなアーユルヴェーダの食事

 アーユルヴェーダの理論に基づく食事療法は、医療を補完する大切な要素として捉えられています。医師のアドバイスと治療内容に応じて処方される食事は、アーユルヴェーダ治療に欠かせない療法のひとつです。

 そのため、バーベリンでは食事療法に真剣に取り組んでいます。だからといって、風味や味に乏しい食事や、医師の処方に従って厳しく菜食主義を強要するものではありません。それどころか、バーベリンの自慢のキッチンが提供する料理は、意外なほど美味で、毎日至福のひとときを味わえるでしょう。

 朝食には、新鮮なフルーツ、フルーツ・ジュース、ハーブのスープ、手作りパンとトースト、クッキー、厳選されたスリランカ料理がビュッフェスタイルで並びます。昼食は、消化のよい魚料理、野菜、ハーブ・カレーが美しく盛り付けられた、ビュッフェの食事を賞味いただけます。夕食の時間は、土曜日を除いて、菜食メニューに魚のチョイスをつけて用意しております。土曜日の夕食は、スリランカン・ナイトとして、多彩なビュッフェ・メニューを取り揃え、シェフがお客様の前で地元の名物料理を調理いたします。

 アーユルヴェーダの食事と飲み物の味付けは、甘い、塩辛い、辛い、酸っぱい、熱い、冷たい、苦いに分類されます。それらは、ドーシャ(身体のエネルギー)に作用すると考えられています。毎回の食事で、それぞれの味付けを摂取できることが理想ですが、お客さまの体質に個人差もありますので、摂取すべき味付けの組み合わせも異なります。

 お食事中、専門のアーユルヴェーダ食事療法士が、お客様お一人おひとりの治療内容に応じて、野菜やハーブなど食べてよいもの、避けるべきものを アドバイスいたします。

 このように、バーベリン・アーユルヴェーダ・リゾートでは、食事メニューに細心の注意を払っていることが特徴です。

Ayurveda food Ayurveda food









アーユルヴェーダとは | バーベリン流アーユルヴェーダ | アーユルヴェーダ治療 | アーユルヴェーダで治療可能な病気・疾患 | アーユルヴェーダ料理 | サイトマップ