アーユルヴェーダ治療

ayurveda treatment

 アーユルヴェーダ治療の基本は、身体の浄化作用と活力回復に働きかけることです。アーユルヴェーダでは、「アーマ」と呼ばれる毒素が体内に蓄積し、さらに長年にわたる不健康な食生活、消化力の低下、不完全な老廃物の排出、睡眠不足、環境汚染、ストレスが、トリ・ドーシャのアンバランスを招く原因であると考えます。また、体内に蓄積した毒素が、健康障害を引き起こすこともあります。

 アーユルヴェーダ治療の目的は、身体の特定部位の毒素を集めて、そこから蓄積した有害物質を体内から押し出すことです。いったん身体が浄化されると、活力回復の恩恵を享受できる状態になって、永続的に健康状態を維持することが可能になります。

 

 アーユルヴェーダ治療は、2つに大別することができます。

シャマナ治療法 - 症状が顕著になった病気を治療し、管理していきます。アーユルヴェーダの薬や配合薬の種類は、ハーブやミネラルを含有した製剤、生物製剤(ギーなどのタンパクで形成)を含めると数千種類にものぼり、それらは病気の管理と治療を目的に、個別または複合処方されます。西洋医学では治療が困難な病気や疾患に対して、アーユルヴェーダ治療の効能は、目を見張るものがあります。

ショーダナ治療法 -体内の浄化療法。病気の治療と予防だけでなく、より大事なのは健康増進と長寿を達成することです。浄化療法は、3つの段階に分けて、2~3週間かけて実践されるのが理想です。2週間以上滞在することができないお客様には、ヘルス・センターに常駐する専門医が、身体の状態を判断して、最も優先度の高い浄化療法を取り入れた治療プランを立てていきます。

 したがって、1週間以下の滞在のお客様は「アーユルヴェーダ入門」、1週間以上滞在されるお客様は「アーユルヴェーダ体験」を受けることができます。

浄化療法は、3段階に分けて行なわれます。

プールヴァカルマ(浄化療法の前処置) - パンチャカルマの準備として行います。

プラダーナカルマ(メインの浄化療法) - 5種類の浄化療法 (パンチャカルマ)

パシチャートカルマ(浄化の後療法) - 元気回復のための療法

各種療法を組み合わせて、お一人おひとりの治療プランを作ります。

  • アビヤンガ・シャリーラ (薬用オイルによる全身マッサージ)

    • 手のひらを使って、全身に薬用オイルを塗るマッサージです。アビヤンガ(マッサージ)は、リラックス効果があるだけでなく、筋肉の調子を整えて、血行を促進するために行われます。定期的にオイル・マッサージを受けていただくと、長寿を図り、筋肉を増強し、疲労を取り除く効果が高まります。また、神経系統の病気の治療にも有効です(ヴァータ ローガ)。マッサージに使われる薬草オイルは、医師の診察によって、お客様の体質を見極めてから選択します。通常、トリートメントの所要時間は、30~40分です。
  • アビヤンガ・シーロ (頭皮のオイル・マッサージ)

    • 頭皮にオイルを塗りながら手を使ってマッサージします。お客様の体調や、既往症の有無によって、マッサージオイルを選択します。血行を良くするので、頭痛や偏頭痛の予防と治療に有効です。また、脱毛症、抜け毛、若白髪の予防、育毛促進にも効果的です。頭皮のマッサージは、視力を回復させ、顔色やつやも良くしてくれます。眠りの問題を抱えている方の睡眠を健やかにする効果もあり、ストレス解消にも使われます。顔面麻痺や片麻痺などの症状を改善させる効果もあります。
  • 鍼治療

  • アクシタルパナ

    • 目の周りにオイルを溜める囲いを作り、まぶた全体をオイルに浸からせる治療法です。所要時間は5~10分。目の治療は、視力を改善し、目の外側と内側の筋肉の働きを良くします。
  • Facial Treatment
  • ハーブ煎じ薬

    • 毎日、専門医の指示にしたがって、お一人分ずつハーブ薬を処方します。ときには、一人分の処方に40種類以上の新鮮なハーブと乾燥ハーブなどの原料(樹皮、根、種、花など)を用い、それらを長時間かけて土鍋で煎じて調合します。
  • フェイシャル・トリートメント

    • ハーブ湿布とハーブスチームを使います。顔をクレンジングし、たるみやシワを取り除いて、若々しい肌を取り戻す効果があります。
  • ハーブ・バス

    • ハーブの葉と根を煎じた液を利用したハーブ湯につかります。病気や病状によって、ハーブ湯の種類が異なります。
    • Herbal Bath
      ハーブ風呂
  • ハーブ・スチームバス

    • ハーブの葉と根を煎じた液を利用したスチームを身体全体にあて、体内に取り込んでいきます。スチームバス療法の期間は、医師の処方によって決められます。
      適応症状 ‐ 肥満や関節痛。

    • ハーブスチーム風呂
      ハーブスチーム風呂
  • ハーブの煎じ液のスチーム吸入

  • ナスヤ・カルマ (鼻の治療)

    • 薬用オイル、ハーブ液、ハーブ・パウダーを、鼻から投与します。慢性副鼻腔炎、慢性頭痛、偏頭痛、顔面麻痺、鼻づまり、白内障のほか、目、鼻、耳、口、頭部の病気の治療に大変効果的です。
  • ピンダ・スウェーダー/ナバラキチ (温湿布療法)

    • 薄地の綿布で薬用ハーブをボール状に包み、蒸気で熱した専用のハーブ・バッグを使った優しいボディー・マッサージです。
      適応症状 ‐ 肩こり、関節痛、強直性脊椎炎、慢性の関節リウマチ、変形性関節症、関節麻痺。
      老化プロセスを抑え、身体のシワとたるみを改善します。
  • ピッツィチリ/サラワンガダーラ (全身オイルバス療法)

    • 一定の時間、体温に暖めた薬用オイルを全身に絞りかけるスペシャル・トリートメント。ピッツィチリの名で知られています。麻痺(片側不全、対麻痺)、多発性硬化症(初期)、顔面麻痺、パーキンソン症候群、坐骨神経痛、脊椎症、変形性関節症の治療に非常に有効です。
  • 採血療法 (ラクタモークシャナ・カルマ)

    • 毒性のない特別な浸出液を使って、体内から汚れた血液を浄化するための治療です。
       適応症状 ‐ 皮膚発疹、膿瘍
  • オイル・ピチュ

    • 薬用オイルに浸した布または綿布を、患部に湿布する治療です。
       適応症状 ‐ 筋肉の凝り、筋肉痛、変形性関節症、慢性の関節リウマチ
  • シーロダーラShirodhara

    • シーロダーラは、薬用オイルを額に絶え間なく注ぎ続ける療法です。治療の所要時間は30~60分、お客様の体質と病状によって、使用するオイルの種類が異なります。治療には、ダーラ・パトラと呼ばれる専門の器具を使います。シーロダーラは、頭、首、目、耳、鼻、咽喉や神経系統に関わる病気の治療に効果を発揮する、特別な治療法です。また、慢性頭痛、偏頭痛、不眠症、精神ストレスや精神疾患、麻痺、パーキンソン病、脳萎縮症、失語症などの治療にも効果があります。
  • シロヴァスティー

    • シロヴァスティーと呼ばれる皮製のキャップを頭にのせて、温めた薬用オイルを垂らしこみます。治療の時間とオイルの種類は、病人の状態と病気の種類によって異なります。
      適応症状 - 顔面麻痺、不眠症、頭痛、偏頭痛、精神疾患
  • ヴァマナ・カルマ (催吐法)

    • ヴァマナ・カルマとは、体内の毒素を胃へ集めて口から排出させる、嘔吐のプロセスです。ヴァマナ・カルマの前処置として、ギー(を注入する)療法(アクチャペヤ)とスチーム・バス療法を行います。気管支喘息、気管支炎、副鼻腔炎、皮膚病、消化不良の治療に非常に効果的です。
  • ヴィレーカ・カルマ (催下法)

    • ヴィレーカ・カルマとは、肛門から体内の毒素を排泄させる浄化方法です。
      適応症状 - 痔核、腹部の膨張、黄疸、胃腸炎、皮膚病、便秘。
      禁忌 - 子供、お年寄り、妊娠中の方、経直腸出血。
  • ヴァスティ・カルマ (浣腸法)

    • 薬用オイルやハーブ水を直腸に注入します。
      適応症状 - 麻痺、関節炎、坐骨神経痛、慢性の便秘、痔核、神経系統の病気(ヴァータ系疾患)









アーユルヴェーダとは | バーベリン流アーユルヴェーダ | アーユルヴェーダ治療 | アーユルヴェーダで治療可能な病気・疾患 | アーユルヴェーダ料理 | サイトマップ